インストラクターセラピスト

〈保有資格等〉

  • IYCインターナショナルヨガセンター主催アシュタンガヨガ短期集中クラス(2005年)
  • 「きれいになるヨガ」認定インストラクター
  • プラナパワー 全米ヨガアライアンスRYT200時間修了(2006年)
  • BMSマッサージセラピースクールレベル1終了(2008年)
  • BMSマッサージセラピースクールレベル2修了(2009年)
  • ニールズヤードレメディーズ(公社)AEAJアロマテラピー検定対応コース
  • アスリートフードマイスター3級

〈これまでの活動〉

  • 企業ヨガ 産業技術総合研究所(AIST)ヨガサークル指導(2007〜)
  • 福利厚生企画 企業イベント 姿勢改善ヨガレクチャー
  • 医療福祉施設緩和病棟にてアロマオイルマッサージケア
  • 保育園親子ヨガ
  • BMSマッサージセラピースクールにてセラピストのためのセルフエクササイズ講義
  • DVD「完全なる癒しと、究極のリラクゼーション 奇跡のマッサージセラピー」國分利江子 セルフケア部門構成・監修
  • おうちヨガスタジオ カナリアベースにて「OUCHI de YOGA」主宰(2009〜2016)
  • ボディケアスタジオ「JIKUTRE」スタジオ代表(2016〜)

 

【運動歴】・・・ほどほど普通。とび抜けた運動神経も記録もない、一般人です。

中高バレーボール部→短大生でまったく運動しない→貧血症、電車で顔面蒼白になり席譲られること多々あり生活→夜型不摂生→人生の壁で心身どん底→ヨガ始める→ゴルフ始める→ヨガを仕事に→マッサージスクールに通う→マッサージも仕事に→現在、健康。

【からだの変化の歴史】・・・こだわりすぎない生活で、健康体。

幼少期から中肉中背、いつも痩せたいと思っていた→身長は中2で止まる。日本人女性平均身長どんぴしゃの158センチ。女子高生時代無理なダイエットで46キロ→貧血症→20歳くらいで運動不足・不摂生・夜型心身どん底期で52キロくらい体脂肪率は28%位あったと思う。駅の階段で息切れしてた。→ヨガ初めて1年程で50キロ体脂肪率もさがりはじめる→20代後半1年ジャズダンス習ったら48キロ体脂肪率19~20%→30代に入りじわじわと年々増える体重→53キロ前後20~22%くらい でもトラブルもなく、健康診断オールA。週3ランニング。今一番元気。筋トレを少々(嗜む程度に)

【食事遍歴】・・・ベジタリアンからゆるいマクロビ、色々経て、現在は縛り無し。お酒も飲むしなんでも食べる。時々、断食でリセット。35を過ぎてからプロテインとサプリの摂取もはじめる。自分の長所と言えば「好き嫌いがないこと!」これだけは誇れる!

ベジタリアン時代、過敏すぎるのと、友人との外食で気を使わせること、お店の選択肢が狭くなることに疑問を持ち、ぱったりやめた。マクロビの考え方は大好き。一物全体。陰陽のバランス、季節の滋養を頂くこと、日本の食材・食文化へのリスペクト。「いのちをいただく」つもりで食べる。お肉も、お酒もありがたく、いただきます!好き嫌いはなし!特に好きなのは、山盛り野菜とフルーツとナッツ。考え方として、基本的な栄養素をバランスよく適量を食べること。偏った食事法や現実的ではない方法論に従うより、どうしたら今の自分の生活スタイルにバランスよく心身の満足を得られる食事ができるか、に頭を使うほうがいいと思っている。軸は、自分にある。でも、まずはやってみること。実体験と、食べ物を制限するよりなにより「好き」なものを美味しく食べられる健康体でいることが先決、ポリシー。

 

【ボディワーカーになるまでの流れと、現在の想い】

社会人生活になってから、運動の機会が激減。不摂生がたたり、ある日突然腰痛が発症。「脊椎分離症」と「すべり症」と診断され、処方されたのは大量の痛み止めと分厚いコルセット。

今後の日々、薬を飲んで痛みを紛らわすのは、何かが根幹的に違うと感じ、とにかく体幹を鍛えるため、運動を始めようと近所のジムに入会しました。そこは、マッチョなお兄さん達が大勢集まるジムで、当時の私はマシンの使い方を聞く勇気も持てず、早々に自滅、意気消沈。居場所を失いました。

そんな時に、たまたま友人が誘ってくれたスタジオプログラムのヨガ。ゆっくりとした動きだけど、キツい。でも心地よさもありつつ全身に効いてる感じで、からだが喜んでいると感じました。あとあと調べたら、どうやらヨガは体にも心にもいいらしい。レッスンに行くと、全身すみずみまで神経が行き渡り、ふっと寝落ちする最後のポーズがとにかく気持ちがよかったのです。

それからのわたしは夢中になってヨガスタジオを巡り、毎日朝起きてアメリカから取り寄せたDVDや、スタジオでゲットしたCDなどで、とにかく動いてポーズの練習をしました。このころはアシュタンガヨガというアクティブで流動的なヨガを主にしていたので、体は引き締まりみるみる強くなりました。

しだいに身体の構造に興味がわき、効果的で安全な身体の使い方を知りたいと思い、怪我をしないヨガをさらに学び、全米ヨガアライアンスの認定養成コースに通いました。人にヨガを伝え始めてからはさらにそれぞれの違いを知りたいと思い、解剖学履修の為にマッサージスクールに通いました。

自分のためのヨガからひとに伝えるヨガになっていき、そうそうに、これはヨガではない、と古典ヨガとそうではないヨガの壁にいきあたり、ニーズに応えることに軸を置き、結果的に独自の健康法を追求することになります。

ヨガを始めるまでは、健康なからだに感謝するなんていう発想もなく生きていましたが、当たり前の健康を有り難いものと捉え、丁寧に扱おうという考えに変わっていきました。

食事も、ベジアリアンからマクロビオティック、なんでも試してみました。なんでもまずやってみる。そこから削ぎ落としたり、アレンジしたりと、自分の性格と生活を軸にして、現在は、何でも美味しく食べられる丈夫な内臓と肉体を維持しつつ、制限はなく楽しんでいます。

はじめは平日、百貨店での美容部員をしながらのダブルワークでスタートした週末インストラクター活動も、やがて一本化して今年に入り、14年目になりました。

公民館や、あちこちのスペースをお借りして、チラシ記事と口コミだけで始まった小さな活動。年齢も性別も幅広く、目的も多種多様の幅広い方達が来て下さったおかげで、どのようにそれぞれの身体に対応するのがベストなのか、学びを深め、一緒に考えることが出来ました。

それぞれのからだに、そのひとの歴史があります。十人十色のこれからのライフスタイルがあります。それを尊重して、日々の暮らしの中でできる健康法を提案していきたいと思っています。

現代社会を支えている企業で働く人のなかでも、運動が苦手、家事や育児で、自分の時間がない。でも健康でいたい、病気にはなりたくない人。またかつての私のように、カラダの声を無視して動きすぎてバランスを崩した人、そんな方々に「生活の中でできるヨガ」の発想や行動のアイデアをお届けしたいと思っています。誰にでも簡単に出来て、続けられて、結果、笑顔が増えて、笑顔の連鎖が起こること、それが私のモチベーションです。

気持ちいいね、美味しいね!と笑い合う時間が大好き。だから五感をフルに使えるこの仕事、また多種多様な職業の方々にお会いできるこの仕事に出会えたことに心から感謝しています。

プロフィールをお読み頂き、ありがとうございました。いつかどこかで、心地よい時間をともに過ごせることを楽しみにしています。

2019/11/6 Kanae Oba

 

好きなものこと:愛犬との散歩、新鮮な野菜サラダ、シンプルに焼いたお肉、一日一杯の珈琲、アコースティックな音楽、アースカラー、植物の緑、楽しいお酒、映画鑑賞、木の温もりのインテリア、たまのゴルフ、窓を開けられる季節のドライブ