インストラクターセラピスト紹介

〈保有資格等〉

  • IYCインターナショナルヨガセンター主催アシュタンガヨガ短期集中クラス(2005年)
  • 「きれいになるヨガ」認定インストラクター
  • プラナパワー 全米ヨガアライアンスRYT200時間修了(2006年)
  • BMSマッサージセラピースクールレベル1終了(2008年)
  • BMSマッサージセラピースクールレベル2修了(2009年)
  • ニールズヤードレメディーズ(公社)AEAJアロマテラピー検定対応コース
  • アスリートフードマイスター3級

〈これまでの活動〉

  • 企業ヨガ 産業技術総合研究所(AIST)ヨガサークル指導(2007〜)
  • 福利厚生企画 企業イベント 姿勢改善ヨガレクチャー
  • 医療福祉施設緩和病棟にてアロマオイルマッサージケア
  • 保育園親子ヨガ
  • BMSマッサージセラピースクールにてセラピストのためのセルフエクササイズ講義担当
  • DVD「完全なる癒しと、究極のリラクゼーション 奇跡のマッサージセラピー」國分利江子 セルフケア部門構成・監修
  • おうちヨガスタジオ カナリアベースにて「OUCHI de YOGA」主宰(2009〜2016)
  • ボディケアスタジオ「JIKUTRE」スタジオ代表(2016〜)

 

幼少期は、活発ではあるが、ごくごく普通の運動神経で、鬼ごっこやかけっこなどの競争は嫌いな子供でした。小中高は、球技を少々。音楽と体育と工作が好きでした。

自覚する長所は、「食べ物の好き嫌いがないこと。」

好奇心旺盛、まずやってみる精神。

ヨガも、まずやってみました。

そしていいと思えば、続けてみます。

続けていると、きっかけが訪れます。

例えば誰かから「教えてくれる?」などと声がかかる。

ここで怯まないことです。まず、やってみる。

また、続けてみる。

 

そうして、2006年にダブルワークで始めたインストラクター業が、来てくださる方々のおかげで、15年目になりました。

ところが、2020年コロナショック。

スタジオ閉鎖の危機でした。

 

価値観がぐらぐらと揺さぶられる日々の中、

揺るがない精神の土台が『健康』だという確信はさらに強まりました。

また、それまでただ、”できること”を仕事としていた自分に気がつき、恥ずかしさを覚え、また、成長意欲が湧きました。

 

ヨガを続けてきた理由は、

・訳なく緊張していた自分が解けていくのが気持ちよかったから

・学ぶことやチャレンジが楽しかったから

・気持ち良さを人に分かち合うと感謝していただける

から。

「体が変わったよ」「痛みがなくなったよ」と言っていただけることが嬉しくて。

 

自分自身、腰痛や貧血の発作などが改善され、スポーツでのパフォーマンスが上がった事、その体験をきちんとお伝えできるようになりたくて、

活きた解剖学を履修するため、スウェディッシュオイルマッサージのスクールに通いました。

 

ヨガを始めていなかったら、健康な体に感謝するなんていう発想もなく生きていたかも知れません。

ヨガを伝えることを仕事にしていなかったら、本質的ではない表面的なところにとどまっていたかも知れません。

当たり前なのですが、肉体は、日頃の習慣から作られます。

 

それぞれのからだに、そのひとの歴史があります。十人十色のこれからのライフスタイルがあります。それを尊重して、日々の暮らしの中でできる健康法を提案していきたいと思っています。

現代社会を支えている企業で働く人のなかでも、運動が苦手、家事や育児で、自分の時間がない。でも健康でいたい、病気にはなりたくない人。またかつての私のように、カラダの声を無視して動きすぎてバランスを崩した人、そんな方々に「生活の中でできるヨガ」の発想や行動のアイデアをお届けしたいと思っています。誰にでも簡単に出来て、続けられて、結果、笑顔が増えて、笑顔の連鎖が起こること、それが私のモチベーションです。

気持ちいいね、美味しいね!と笑い合う時間が大好き。だから五感をフルに使えるこの仕事、また多種多様な職業の方々にお会いできるこの仕事に出会えたことに心から感謝しています。

プロフィールをお読み頂き、ありがとうございました。

いつかどこかで、心地よい時間をともに過ごせることを楽しみにしています。

 

2020/7/7 今日は姪っ子の誕生日。

 

Kanae Oba.

好きなものこと:愛犬との散歩、新鮮な野菜、シンプルに焼いたお肉お魚、コクのあるまろやかで爽やかな珈琲、アコースティックギターの音、アースカラー、観葉植物、楽しいお酒、お酒は蒸留酒。木の温もりのインテリア、晴れた日のゴルフ、ゴルフはパター。窓を開けられる季節のドライブ、ダンス。創作料理。