インストラクターセラピスト紹介

〈保有資格等〉

  • IYCインターナショナルヨガセンター主催アシュタンガヨガ短期集中クラス(2005年)
  • 「きれいになるヨガ」認定インストラクター
  • プラナパワー 全米ヨガアライアンスRYT200時間修了(2006年)
  • BMSマッサージセラピースクールレベル1(筋解剖学)修了(2008年)
  • BMSマッサージセラピースクールレベル2(病理学)修了(2009年)
  • ニールズヤードレメディーズ(公社)AEAJアロマテラピー検定対応コース
  • アスリートフードマイスター3級

〈これまでの活動〉

  • 企業ヨガ 産業技術総合研究所(AIST)ヨガサークル指導(2007〜)
  • 福利厚生企画 企業イベント 姿勢改善ヨガレクチャー
  • 医療福祉施設緩和病棟にてアロマオイルマッサージトリートメント提供
  • 保育園親子ヨガ
  • BMSマッサージセラピースクールにてセラピストのためのセルフエクササイズレクチャー担当講師
  • DVD「完全なる癒しと、究極のリラクゼーション 奇跡のマッサージセラピー」國分利江子 セルフケア部門構成・監修
  • おうちヨガスタジオ カナリアベースにて「OUCHI de YOGA」主宰(2009〜2016)
  • ボディケアスタジオ「JIKUTRE」スタジオ代表(2016〜)

 

 20代前半、働き方を模索していた頃、音楽関係の活動や化粧品会社のバイトを通して、本当に良い商品や発信とは何かを考えさせられ、マーケティングのあり様などを垣間見て、過剰な物質主義を煽る風潮やブランド信仰に疑問を持って過ごしていました。華やかなフィールドにいても、その「華」を否定的に見ているという歪んだものの見方をし、様々な価値観に翻弄されていた頃でした。

同時期、プライベートで精神的・肉体的なダメージを受ける出来事があり、引きこもり気味で軽いパニック症状があった頃、友人の勧めでヨガを始めました。

都内でも当時、まだ少なかったヨガスタジオに足繁く通い、特にアシュタンガヨガで筋肉がついてどんどん元気を取り戻し、身軽になり、そのままの流れと勢いでパワーヨガのインストラクター養成講座合宿に参加し、全米ヨガアライアンス200時間の講座を修了しました。

 

 地元の茨城に帰省してまもなく、ヨガのレッスンを始めました。こうして、2006年にはダブルワークで始めたインストラクター業でしたが約3年ほどで一本化し、今年で15年目になりました。

 

ところが、今年2020年のコロナショック。スタジオ閉鎖の危機でした。

価値観がぐらぐらと揺さぶられる日々の中、幾度となく原点を省みました。

コロナによる自粛期間は、ステイホーム時間が長く、精神の土台である『肉体の健康』を保つ生活習慣の重要性を再認識させてくれました。溢れ交錯する情報の渦の中で、先述した若かりし頃のあの疑問にもまた対峙させられ、多様な価値観が溢れる今、良い悪いと分別して戦う生き方ではなく、双方を受け入れ、自分はどうするかを選択する、という結論に至りました。

またオンライン化の流れによって、新しい発信の仕方、繋がりへの扉も開いてくれました。

仕事としてヨガができない事の焦りはありましたが、同時に、こんな時だからこそ自分のためのヨガを深めようと気持ちを切り替えることができました。

 

 体をつくる「食事」、清潔を保つ「入浴」、疲労を回復させる「睡眠」、これらを効率よく効果的に循環させる「運動」。ごく当たり前のことなのですが、ヨガの教えにはこれらの日常の生活習慣を見直し、その中でバランスをとるという予防医療の考え方がベースにあります。

自分自身、ヨガを続けてきたことで、持病の分離症からくる腰痛や、貧血などが改善され、スポーツ(ゴルフを8年くらいしています)でのパフォーマンスが上がりました。

日常姿勢を気をつけるようになり、体幹が鍛えられ、筋膜リリースでセルフケアをするようになり、ますます不調が減りました。しかもコストはほとんどかかりません。

ヨガを始めていなかったら、健康な体に感謝するなんていう発想もなく生きていたかも知れません。また、痛みや不調に対する自己責任の意識も低いままだった事でしょう。

身体は、日頃の習慣で作られます。親から与えられた遺伝的な要素はあれど、今の自分を受け入れ、どう扱うかは、自分次第だと思うのです。

 

忙しい中でも、自分の身体、五感を通して、「快」を尊重して選択することはできます。健康になるためのスキルも情報もグッズも、多ければいいというものではありません。むしろ、やらなくていいことを手放して、隙間やゆとりを作る方が、心も体も満たすことができるのではないでしょうか。

 

かつての自分がそうだったように、身体からのサインを無視して、心にも蓋をして無理をして、不調を誰かや何かのせいにする事をやめて、自分を大事に素直に生きる心地よさを、ヨガやマッサージを通して一人でも多くの人と共感したいと思っています。

日常生活の中に、当たり前にセルフケアや予防医療になりうる知識や行動や考え方が溶け込んでいくこと、そんな人が増えること、を心より願っています。

 

 わたしは、気持ちいいね、美味しいね!と笑い合う時間が大好きです。だから五感をフルに使えるこの仕事、足し算ばかりではなく「今ここにある自分」を尊重する事を教えてくれるこの仕事、また多種多様な職業の方々にお会いできるこの仕事に出会えたことに、心から感謝しています。

 

プロフィールをお読み頂き、ありがとうございました。いつかどこかで、心地よい時間をともに過ごせることを楽しみにしています。

 

2020/9/2 稲の穂実る 四十二侯

 

Kanae Oba.

好きなものこと:散歩、新鮮な野菜、シンプルに焼いたお肉お魚、コクのあるまろやかで爽やかな珈琲、アコースティックギターの音、アースカラー、観葉植物、楽しいお酒、お酒は蒸留酒。木の温もりのインテリア、晴れた日のゴルフ、ゴルフはパター。窓を開けられる季節のドライブ、ダンス。創作料理。