ごあいさつ

JIKUTRE〈ジクトレ〉、名前の由来は「軸トレーニング」です。

 

日本人ならではの「軸」という身体感覚に、現代人が忘れてはならない感性があるような気がしてなりません。しなやかで強い、軸です。心身の軸づくりの場として、楽しく身体の軸が鍛えられる、やっているうちに軸が身につく、そんなクラスを提供したいと思うようになりました。

私は10年程ヨガのインストラクターとして多くの受講者の方々の筋骨格や動きを観察してきました。筋解剖学で身体の基本構造を学びますが、現場にいると関節のつき方には個人差があり、それによって苦手な動きや得意な動きがあることを見ていました。また美しく強いポーズとは型にはまった決められたものではなく、その人なりの安定した「軸」が存在する姿だと常々思っていました。

クラスでは、満足してもらいたい、一つでも良いから、何かしらの発見や新しい感覚を持ち帰ってもらいたい。エゴではありますが、そう思いながら目の前にいる方々個々の身体を見て、提案して、ともに実践を繰り返しました。

気がつけば、ヨガのポーズのみならず、筋トレ、自重を使った筋膜ほぐし、テニスボールやタオルを使ったセルフマッサージ、と、効果が出るならどんな手段でもいい、と思うようになりました。ただし、基本的には「身一つで完結する動き」が軸を養うと考えていますから、ほぐしに小道具は使っても、部分的な筋肉をつけるということはしません。

スポーツなどを熱心にされていると、そのスポーツならではの歪みや、発達する筋肉などが出てきますから、自分の歪みやアンバランスを自覚し、補う為にも「効かせるストレッチ」が大切です。リラックスだけが目的であれば、ただ気持ちよく伸ばすストレッチでもいいのですが、「効かせるストレッチ」をしていけば、自ずと基本姿勢の強化すなわち、体幹や足腰の強化につながりますので一石何鳥にもなります。

基本的な考え方は、誰の中にも「軸」はすでにあるということ。身体の力みと頭の力みをとって軸を掘り起こす作業が必要な人と、か細い軸を育て自分を支え踏ん張る力を強くする必要がある人、のどちらか(あるいはその両方)です。

それぞれの方への目的・目標地点・現状・レベル・経験・ペース・プランを考慮し、対応するようにしております。

楽して得する、楽して結果を出すことが良しとされる風潮の中、身体は、人間のアナログな部分、ときに鈍臭く不器用な現実を実感を伴って思い出させてくれるものです。そこをあるがまま見て受け入れて、そしてどう行動し経験を積むかによって、精神の軸さえもついてくると信じています。

 

それでは、スタジオにてお待ちしております!お気軽にお立ち寄り下さい。

JIKUTRE代表 大場香奈江